高齢者のリスクマネジメント

 医療・介護保険制度の改正の議論が深まってきていますが、この問題と高齢期の資金調達に関して、2月16日に生命保険会社社員を対象にセミナーを実施することにしました。6年間社会福祉の事業所を見てきた実績と、厚生年金など社会保険の専門家しての立場で、「医療・介護の一体改革」における準備・調達すべき老後資金の考え方を講演します。

 

 昨日も政府方針として高齢者の医療・介護の個人負担増が発表されました。今まで通りの考え方では通用しない現実が迫っています。高齢者のリスクマネジメントを3つの視点から、老後の資金調達を3つの不安から説明しようと思っています。資料を作成していますが、問題が大きすぎて90分のセミナーにまとめるのが大変です。ライフ.イベントマップの演習と基礎知識の講義セットで、3時間の集合研修の方が楽かもしれません。