感染症対策・事業継続計画(BCP)

 青森県は、食用アヒルを飼育する農場で鳥インフルエンザに感染した疑いのあるアヒルが見つかり、遺伝子検査などの結果、高病原性鳥インフルエンザの可能性が高いとして、同農場内のアヒル約1万6500羽を直ちに殺処分ました。また、新潟県の養鶏所では、H5亜型高病原性鳥インフルエンザの感染が確認され、約31万羽の殺処分は開始されています。今回は、福島県から比較的近いところでの、家禽への感染例なので新型インフルエンザの発生を心配しています。

 

 H5型は強毒性インフルエンザで知られていますが、豚の感染をきっかけに「人感染」が可能な新型に変異することが心配されています。万が一の万が一ですが、社会的要請によりパンデミック時にも仕事を余儀なくされる福島県浜通りの医療機関、社会福祉施設などの職員の皆さんは、もう一度、感染症対策・事業継続計画の確認をしてください。飛沫感染防止のために距離の確保、手洗い、消毒など予防対策、濃厚感染者への自宅待機命令等の労務管理上の問題などの周知徹底です。事業所内での再度の周知・確認でも感染リスクの軽減には随分違うと思います。