「残業代」を取り戻そう!

 「過払い金請求」などで有名な某弁護士事務所のホームページに載っているキャッチコピーです。業種、職種問わずに基本的に1日8時間、週40時間を超えた労働時間は、割り増し賃金を加えた残業代が支払われることになっています。「固定残業代」を採用しても固定分の労働時間を超えた部分は、きっちりと残業代を支払う義務が会社にはあります。この弁護士事務所は、相談料、着手金0円ですので、今後、全国的に増えるでしょうね。

 

 「残業代」は最大過去2年にさかのぼって請求可能ですので、既にやめた会社であっても取り戻せます。当たり前のことですが、これからの企業は優秀な人材の確保と安定、継続した経営のためにも残業代未払いの「ブラック企業」のレッテルを張られないようにしなければなりません。社員さんには、きっちりと残業代を払って、生産性の高い仕事をしてもらったほうが企業にとっても社員にとっても良いことだと思います。もっとも残業のない会社はもっと良いです。