年下上司との仕事

 60歳以上の再雇用が一般化し、転職も増えるなか、年下上司と働く機会の多い職場はますます拡大するとみられていますが、就職情報サイトを運営する「エン・ジャパン」(東京)の調査では、年下の上司と働いた経験がある人の約6割が、一緒に仕事を「しづらい」と感じていることが分かりました。同社の転職サイトに登録する35歳から50代までの303人を対象にインタネットを通じて調査したところ、年下上司と働いたことがあるのは66%。このうち58%が「仕事しづらい」と回答しました。

 理由(複数回答)は「人の使い方が下手」(66%)「知識・知見が少ない」(45%)「人の意見を受け入れない」(43%)の順に多く、「経験が浅いのではと不安になった」「年下に命令されると良い気分がしない」との意見が目立ったようです。逆に「年下上司は仕事しやすい」と答えた人は42%。「謙虚な姿勢」(48%)「人の意見を柔軟に受け入れる」(41%)に好感を持ったいう回答がありました。今後、年上の部下と働く機会が増えてきますが、目標と役割を明確にして、意見など謙虚に聞き、優れたところはお願いするくらいの方が、スムーズな人間関係を築けるかもしれませんね。