師走

 昨日は南相馬市での研修のためにうっすらと路上に雪が残る早朝の飯舘村を通りました。福島第一原発事故で全村避難が続く飯舘村です。あの事故さえなければ今頃は正月の準備やあたりまえの師走の生活があったはずで、中間貯蔵施設搬入準備のための工事車両の車列を見るたびにやりきれない想いになります。南相馬での研修は最終日を迎え、保育園の職員さんや事務長先生、園長先生からも「勉強になり実務に生かします」との言葉や感想を頂きうれしい限り、講師冥利につきます。来週の2法人で年内の研修は終わります。

 

 師走を迎え企業から依頼を受けたマイナンバー対策、規程の作成も終え、就業規則変更届を数社残すところです。年末の社会保険賞与届の話がぼちぼち、助成金、健保給付金請求、資格得喪などいつもの年末を迎えています。仕事の見通しがついてくると考え出すのが「セミナー」開催の日程などです。年明けに人手不足の業界とされる介護・福祉法人向けに人事制度の構築と人材育成のヒントになる無料セミナー実施を計画しています。福祉サービスを必要とする地域の利用者がいる限り福祉の事業所は継続してサービスを提供する体制を構築しないと・・・事業所で職場環境の実態など職員さんの声を直接聞いているので切実に感じています。