ダイバーシティという考え方

 ダイバーシティとは、個人や集団間に存在するさまざまな違い、すなわち「多様性」を競争優位の源泉として生かすために文化や制度、実践的な習慣などの組織全体を変革しようとすることです。多様性が企業の売り上げや発展に貢献し、競争力の源泉となるという考えに基づき、具体的には多様性に基づくマネジメントで優位性があるとされる分野に、コスト、資源の獲得、マーケティング、創造性、問題解決、システムなど柔軟な運用を実現して成果をだすことです。

 

 近年の人手不足から注目されているマネジメントですが、組織の仕組みと捉えるのではなく、実際の取り組みのプロセスで問題点や解決策が見つけ出される長期的観点が重視され、個人、コミュニケーション、組織を対象として組織のすべての人がこのプロセスに係ることが求められます。日本企業でダイバーシティー実現に向けて「女性の活躍推進」積極的に取り組んでいる会社があります。

 

 

 ポテトチップで有名なカルビーグループです。ここのダイバーシティービジョンは、「どの職域でも、いろいろな人が「イキイキ」と働いている  育児・介護などの制約のある人も活躍できる制度・風土・コミュニケーションが活発  一人ひとりに自信とやる気とチャレンジ精神 ライフもワークも充実わくわくするやりがいのある毎日!」


 ダイバーシティアクションとして、年1回のフォーラムの開催、会長との座談会、キャリア支援、メンター制度導入など女性の活躍に向けた取り組みを地道に行っています。当然ながら社会・環境活動にも積極的な会社です。今後、少子高齢の影響が大きくなってきますが、多様な働き方を可能とするダイバーシティという考え方も経営に取り入れる必要もあるのではと考えます。