遠野物語

先週末、岩手県花巻市への出張の機会を得て以前より訪ねてみたかった「遠野物語」の舞台、遠野市へ行ってきました。帰路に就く前の限られた時間でしたので、観光地で有名なカッパ淵と伝承園を目指してレンタサイクルで周ってみました。徒歩、自転車での観光の醍醐味は予定になかった史跡などに出会うことです。今回は阿部貞任屋敷跡なるものを見つけました。遠野がゆかりの地とは知りませんでした。

 

 

 

伝承園内、かつての農家の生活様式を再現した曲り屋で昔話を聞くことができます。約30分の遠野の方言で暖かく語られる物語は風情があってよかったです。特に養蚕の神様である「オシラサマ」の物語は悲しくも親を思う娘の話でした。「遠野物語」の話者、佐々木喜善の記念館もここにありました。ちなみに写真は語り部さんの許可があり撮っています。