若手社員の終身雇用賛成派は大多数

人材総合ソリューション企業のレジェンダ・コーポレーションが行った入社3年までの社会人を対象とした実態調査によると、終身雇用の賛否について尋ねたところ84.1%が賛成と回答しました。また、年功序列についての賛否は、賛成する割合が46.0%と半数以下になりました。バブル経済崩壊後は、終身雇用を希望する若者が増える傾向にありましたが、この調査の結果からも現在の勤務先で長期的に考える傾向とともに、年齢に関係なく成果を出した社員が評価される制度を希望しているようです。

終身雇用に賛成の意見としては、「雇用に対する不安がモチベーションを低下させる」「人生プランが立てやすい」などがあります。年功序列に関しての反対意見は、「年上は敬うべきだが、実際の職務能力や企業の貢献度で評価すべき」「能力の高い人間は地位、給与も高いのが当然」とする反面、能力や評価にかかわらない定期昇給については7割以上が賛成としています。

 

8割以上が終身雇用、雇用の保障を要求しながらも、昇進、昇給については成果主義、定期昇給等などは在職に応じてもらえるものはください!と論理性の矛盾を感じつつも現代の若者らしさを垣間見る思いです。雇用の保障と競争原理という相反する人事方針の融合する制度の確立・・・実務的には難しい問題ですが必要であるのは事実です。