新型コロナウイルス事業継続計画の作成・支援(BCP)

 

全国どこでもリモート

・コンサルティング!

 

 非常事態宣言の解除からまだまだ日本中が混乱の中、秋から冬にかけて新型コロナウィルスの第2、第3の感染拡大が心配されています。感染症は過去の事例からも2波、3波が強毒化して多くの犠牲がでるといわれていますが、感染症事業継続計画の準備はできていますか?

 

 この波は数年続くといわれています。生活の行動変容だけではなく事業活動についても、過去の成功や経済活動の通用しないパラダイム・シフトへの入り口との認識が必要です。未だコロナの正体すべてについて分かりませんが、企業活動の自粛でやり過ごすのではなく、感染拡大期にあっても事業を継続する計画を綿密に練り上げる必要があります。そこで・・私が新型コロナウイルス事業継続計画作成のお手伝いをします。

 

 現在、新型コロナウイルスに関する事業継続計画作成の汎用版的なツールは見当たりませんが、過去の新型インフルエンザ等特別措置法・対策ガイドラインに基づいたツールは、もともと新型の感染症対策として作られたものですので十分に使えます。近い過去に例のない事態ですので何らかの答えがある技術的課題ではありません。ツール・資料をもとに感染症拡大期の対応課題として、企業の最良の策を構築する必要があります。ツール・資料は準備します・・・それとコンサルタントとしての私のスキルと時間を売ります。

 

 BCP作成の全体的ながれは、基本方針→情報の収集→重要業務の決定→経営上の影響の想定→事業継続にための取り組みの検討などが、次の感染拡大期に向けてのビジョンになります。その他、教育訓練や点検・見直しの仕組みができればベスト、また、事業継続管理規程やフローチャートなど付属させると使い勝手がよくなります。感染3要件の遮断対策をもとづいて、自分の会社のあった取り組みが何かを一緒に考え・・・感染防止・事業継続の対策を準備するお手伝いができます。

 

 

 

 

新たな時代の

 

新たな常識に

 

向かって・・

 

 

Q1:リモート・コンサルティングとは、どのようなものですか?

 

  WEB空間を活用してBCP作成に関する方法や課題などを分析・提

  案します。クラウド上の会議室や共有フォルダーなどを活用して情報

  のやり取りをします。セキュリティも万全です。

  直接のコミュニケーションには、スカイプ等を活用します。

  (複数人(WG)の会議が希望であれば申込企業でグループを用意)

 

Q2、どのような契約になりますか?

 

  1か月間に提供する関与時間や質問等の工数・資料提供等を基準に報

  酬を決定する「履行割合型」の「準委任契約」になります。1か月を

  契約期間とする自動更新契約ですが、契約当事者双方がいつでも契約

  の解除ができます。(どちらかに著しい不利益が生じる場合を除く)

  BCPの完成を約した契約ではありませんので、自社でBCP作成 

  が自力でできる判断をされれば解除で結構です。

 

Q3、支払い等はどのようにすれば良いですか?

 

  月額契約額は前払い制で、申し込み時に契約書・郵便払込票をお送り

  します。(契約書を返送いただき、入金確認時点で契約成立)

  契約初日は、契約後にクラウド上に会議室を設け、お送りするID・

  パスワードで入室が確認できた日が契約応当日となります。

  毎月、契約応当日前に事務所ニュース・郵便振替書をお送りしますの

  で応当日までにお支払いください。

 

  その他、詳細についてはお問い合わせください。